読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2歳9か月

 

金曜ロードショーとなりのトトロが放映されていたので、録画して娘に見せた。

 

正直いって、娘がここまでトトロにはまるとは思わなかった。毎日毎日飽きずにトトロを観てる。作中のセリフも暗唱できるぐらいに覚えており、何の脈絡もなく「おとうちゃん、みちまちがえちゃったー」と言い出すし、突然手のひらをパーンと叩くし(メイがまっくろくろすけを捕まえるシーンの真似らしい)、とうもろこしはトウモコロシとして覚えてしまった。夜、暗闇の中で娘が突然「このおうち、なにかいる!!!」と言い出したので心臓が止まるかと思ったが、よく考えたらトトロのセリフだった。びっくりした。奥さんは「録画を毎日見せてるとCM飛ばすのがめんどい。DVD買って」と憔悴しきった顔でいうのでとうとうDVDを買ってしまった。今では自分でDVDをプレイヤーにかけ再生するやり方も覚えてしまった。子どもの育て方はこれであってるのだろうか…。

 

毎日毎日トトロだとこちらが飽きるので、千と千尋の神隠しのDVDも買って見せてみた。こちらはさして興味をしめさなかった。物語が難解すぎるのか。唯一娘が盛り上がったのは、釜爺の部屋でまっくろくろすけが登場するシーンだけだった。まっくろくろすけだー、って。それぐらい。

 

ならば、ポニョはどうだろう、と崖の上のポニョのDVDを買ってみた。トトロと同じぐらいはまった。トトロを毎日見る生活は、トトロとポニョを交互に見る生活へと変わった。子どもの育て方はこれであってるのだろうか…。思えば千尋は小学生だがメイもそーすけも未就学児だ。自分と年齢が近いキャラクターがでてるから興味がでるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘がいきなり「しょーまくん、すき!」と言い出した。ポニョの影響なのだろうか。ちなみにしょーま君は同い年の近所のお友達である。「すき」とは何か、どこまで理解してるのか、皆目見当がつかないが、ポニョとそーすけのような関係性をしょーまくんと築きたいと受け取っていいのだろうか…。

 

「好きな人が、できました」。耳をすませば公開当初のキャッチコピーである。早いよ、早すぎるよ。千と千尋すら飛び越えちゃってるよ。娘の成長は驚くほど早いんだ。たった1か月でこうなんだもの。